独学で勉強(消防士試験)するには模擬試験を受けよう

独学で受験するには模擬テストは重要!

消防士を独学で合格を目指し日々勉強に励んでいると思います。

 

ここで大切なポイントを言うと模擬テストはかなり重要ということです。

 

いろいろな市町村を受ける時間がある人は場数を踏んで練習できます。

 

しかし、独学で働きながらなどになると本命の試験が本番一発勝負になることも多々あります。

 

会社に嘘をついてまで何回も受けに行けない方は多いです。

 

消防士人気の予備校の資料請求

 

テストを受けたことのない方が陥るミスとしては、時間配分のミスが挙げられます。

 

例えば、数的処理等でわかりにくい問題に時間をかけすぎて他の科目に使える時間が少なくなり解ける問題も書けなかった等・・・

 

これを防ぐには事前にこういうミス(経験)をしておくことです。

 

試験の時間内にどの順序で問題を解いていくか感覚というか自分のペースを掴む必要があります。

 

特に初受験等で、働きながら受験される方は模擬テストは受けておくことをおすすめします。

 

きっと本番への不安が一つ解消されるとともに、自分の弱い科目ややるべきことが見えてきて今後の学習計画もより効率の良いものになります

 

関連ページ

消防士試験合格を独学で決めてみせる!
消防士を目指す方で独学で勉強する方や、今の仕事で働きながら勉強を進め転職を目指す方の為の情報。予備校組に負けない様に、独学での効率の良い勉強やポイントを紹介。
消防士採用試験のおすすめ参考書(テキスト、問題集)は?独学は必見!
消防士を目指す方の中でも独学や働きながら勉強される方へ学科試験に向けた、参考書選びやおすすめの参考書のアドバイス。
働きながら消防士に転職するには?
消防士を目指す方で独学で勉強する方や、今の仕事で働きながら勉強を進め転職を目指す方の、ポイントや効率の良い勉強をしないとどれも中途半端になってしまうケースがあります。それを防ぐために気を付けるべき事の紹介。
通信講座で消防士合格を目指す
消防士試験を独学で働きながら勉強される方や、通信講座を受けるための予備校などを紹介。働きながら転職と言う形で受験される方は通信講座がベスト。
働きながら独学の方の落とし穴。論文、面接対策も!
忙しかったり、安く抑えたい方では、予備校に通わず働きながら独学で消防士を目指す方は早い段階からおろそかになりがちな対策チェック!
公務員(消防)落ちる勉強法。受かる勉強法。そのポイントは?
消防士試験に落ちる人の共通点は?独学で勉強する方は特に効率よく勉強する事が必要!
独学で合格した方の体験談
消防士を目指す方で独学で勉強して合格された方の合格体験談です。勉強のやり方や試験で感じたこと等参考になると思います。
消防士合格者に予備校組が増加している理由
最近の消防士の合格者は予備校に通って学習された方が非常に多くなっています。やはり働きながら独学で学ぶ方とは受験できる自治体の数や、実際に合格した自治体の数に大きな差が出ているようです。

各予備校の概要 予備校無料資料請求