働きながら消防士に転職するには?

働きながら転職で消防士試験に合格する

「働きながら消防士試験に合格したい。」

 

会社や家庭の都合でやむを得ず働きながら転職という形で消防士試験合格を目指していくケースもあると思います。

 

正直な話、予備校などで毎日朝から晩まで勉強しているかたと勝負するにはかなりの努力が必要になってきます。

 

もともと勉強がかなり出来る方は、テキストなどを少し勉強して合格する方や、ほぼ勉強なしで合格したなども聞きますが本当にまれなケースでありやはり厳しいです。

 

しかしながら、働きながら消防士合格を目指す方には、会社から帰るのが遅く、朝も早い、土日もたまに仕事なんて環境の中で、毎日コツコツ通勤時間等で復習しながら休みの日にガッツリ勉強量を確保し合格される方もいます。

 

働きながら消防士の大卒程度(上級の区分)の合格を独学で目指すには、中学校、高校、大学などでバリバリ勉強してきた人以外にはかなり高い壁になると思われます。

 

この場合は、働きながら2,3年計画で消防士試験の参考書等で勉強をコツコツ続け、合格を目指していくか,予備校の通信講座などを利用しより効率よく勉強を進めていかなくてはなりません。

 

いずれにせよ,受験出来る年齢の上限なども含め早めに検討しておきましょう。

 

場合によっては仕事を辞めて予備校へ通いみっちり勉強なんて選択肢も出てきちゃいますから・・・

 

大卒程度(上級)に比べると高卒程度の初級試験は、働きながら独学でもしっかり行えばかなり問題も解ける力が早い段階でつきやすいとは言えます。

 

消防士人気の予備校の資料請求

 

しっかりと時間を見つけ、出来るだけ効率よく点数をとれる知識をつけていってください。

 

特に数的処理系は色々なレベルの問題を多数こなしていき、解き方の法則などをつかんで行きましょう。数的処理は本当にやればとれます。

 

とれるところをしっかりとるためにも、特に時間がない方は捨て科目なども検討するべきです。

 

1科目1問程度で年によったら出ないときもある問題などもあります。

 

英語ってかなりの範囲ですから完璧にするにはかなり時間がかかります。

 

しかし出題は1問程度です。勉強したところが出ないかもしれません。

 

本番前にさらっと見て出ればラッキー位にしましょう。

 

働きながら消防士合格を目指すかたは捨て科目を作ることも検討される必要も出てきます。

 

例えば、社会科学系の日本史、世界史等や数的処理などに時間を使い1点捨ててもとれる科目で確実に点を取っていくのです。

 

テキストを読み続けるだけの勉強ではなく問題をしっかり解いていき、繰り返して行く事で記憶が定着していきますので、やる時は集中し効率のよい勉強をし、予備校組に負けないように努力していきましょう

 

また、完全に独学となると効率が悪くなる可能性は非常に高いので予備校の通信講座を検討する必要もあります!

 

 

関連ページ

消防士試験合格を独学で決めてみせる!
消防士を目指す方で独学で勉強する方や、今の仕事で働きながら勉強を進め転職を目指す方の為の情報。予備校組に負けない様に、独学での効率の良い勉強やポイントを紹介。
消防士採用試験のおすすめ参考書(テキスト、問題集)は?独学は必見!
消防士を目指す方の中でも独学や働きながら勉強される方へ学科試験に向けた、参考書選びやおすすめの参考書のアドバイス。
通信講座で消防士合格を目指す
消防士試験を独学で働きながら勉強される方や、通信講座を受けるための予備校などを紹介。働きながら転職と言う形で受験される方は通信講座がベスト。
働きながら独学の方の落とし穴。論文、面接対策も!
忙しかったり、安く抑えたい方では、予備校に通わず働きながら独学で消防士を目指す方は早い段階からおろそかになりがちな対策チェック!
公務員(消防)落ちる勉強法。受かる勉強法。そのポイントは?
消防士試験に落ちる人の共通点は?独学で勉強する方は特に効率よく勉強する事が必要!
独学で勉強(消防士試験)するには模擬試験を受けよう
消防士を独学で勉強する方、今の仕事で働きながら勉強を進め転職を目指す方は模擬テストを受けて試験の時間配分などの感覚をつかみましょう。
独学で合格した方の体験談
消防士を目指す方で独学で勉強して合格された方の合格体験談です。勉強のやり方や試験で感じたこと等参考になると思います。
消防士合格者に予備校組が増加している理由
最近の消防士の合格者は予備校に通って学習された方が非常に多くなっています。やはり働きながら独学で学ぶ方とは受験できる自治体の数や、実際に合格した自治体の数に大きな差が出ているようです。

各予備校の概要 予備校無料資料請求