消防士試験を独学で受験

 

 

消防士試験を独学で受験記事一覧

消防士試験合格を独学で決めてみせる!

消防士採用試験を独学で合格するにはどうすればよいのか。具体的な勉強方法の流れまず受験区分を決め、合格の為やらなければならないテキストなどを決める。科目ごとの出題傾向を把握し、重点科目と捨て(さらっと流す)科目を決める。試験日から逆算し、いつまでにテキスト何ページまで等を月、週、日単位に落としこむ。繰...

≫続きを読む

消防士採用試験のおすすめ参考書(テキスト、問題集)は?独学は必見!

消防士採用試験のおすすめ参考書(テキスト、問題集)についてです。独学で勉強される方は本を全て揃えても1万〜2万程度になります。面接や論文などすべて考慮した場合は特に予備校に通学⇒予備校の通信講座⇒本を購入し独学の順で合格の力がつきやすいのはもちろんですが、色々な事情で完全に独学される方ももちろんたく...

≫続きを読む

働きながら消防士に転職するには?

「働きながら消防士試験に合格したい。」会社や家庭の都合でやむを得ず働きながら転職という形で消防士試験合格を目指していくケースもあると思います。正直な話、予備校などで毎日朝から晩まで勉強しているかたと勝負するにはかなりの努力が必要になってきます。もともと勉強がかなり出来る方は、テキストなどを少し勉強し...

≫続きを読む

通信講座で消防士合格を目指す

通信講座を受ければ濃い勉強資料が見れますから、独学に自信がない方は試してみる価値ありです。仕事が忙しく、働きながら予備校なんて通えない!クラブしてるし忙しく予備校に通えない!バイトがっつり入ってるから予備校に通えない!そもそも通える範囲に予備校がない!そんな悩みがあって予備校に通う以外しか選択肢がな...

≫続きを読む

働きながら独学の方の落とし穴。論文、面接対策も!

出費を出来るだけ安く抑えたい人や働きながら消防士合格を目指す方は独学の道を選びます。消防士の採用試験には年齢制限がありますから絶対に消防士になりたい方は予備校に出来るだけ早い段階で利用し、一回一回の試験を真剣に大切に受験するべきです。独学で消防士を目指す方にチャンスを無駄にしないためにも注意して欲し...

≫続きを読む

公務員(消防)落ちる勉強法。受かる勉強法。そのポイントは?

消防士試験を何回受けても落ちる・・・同じ時間勉強してなぜこんなに差がつくのか?特に独学の場合には注意が必要であります。がむしゃらに参考書とにらめっこする人もいれば、さらっと流す人もいます。全てを完璧にしようと思えば、一周してもう一回そのページに戻る時に忘れている可能性は高いです。一回で全て完璧にしよ...

≫続きを読む

独学で勉強(消防士試験)するには模擬試験を受けよう

消防士を独学で合格を目指し日々勉強に励んでいると思います。ここで大切なポイントを言うと模擬テストはかなり重要ということです。いろいろな市町村を受ける時間がある人は場数を踏んで練習できます。しかし、独学で働きながらなどになると本命の試験が本番一発勝負になることも多々あります。会社に嘘をついてまで何回も...

≫続きを読む

独学で合格した方の体験談

消防士に独学で合格された方の体験談です。「私は、就職浪人する勇気が無かったと言うのが本音ですが、働きながらテキスト等を購入し勉強しました。正直予備校で合格された方にテキストを借りていましたが、その量に圧倒されできませんでした。ネットなどで自分で調べて本屋に行き、社会科学、人文科学、自然科学の本を講習...

≫続きを読む

消防士合格者に予備校組が増加している理由

消防士の採用試験は完全に競争試験で、特に筆記試験、面接試験において予備校を利用した方と、独学で書店などで購入したテキストなどで学習してきた方とでは、やはり予備校を利用された方のほうが有利のようです。予備校利用者の利点筆記試験自治体により試験の難易度や傾向も様々です。例えば、A市の問題が高卒程度の問題...

≫続きを読む


各予備校の概要 予備校無料資料請求