消防士の面接試験に合格する為の練習

消防士の面接試験に合格する為の練習

消防士の面接試験の練習について説明します。

 

まず、出来る事なら友人や家族等に面接官役をしてもらい、入室から、着席、質問、退席、退室などの練習をしておくことをおすすめします。

 

面接は慣れがが必要ですので、頭の中でイメージしておくだけより声をだす、1人より人に見てもらう方が確実に力がつきます。

 

入退室時の礼、あいさつなどの基本的なマナーを抑える事や、ハキハキと自信を持って受け答えするように練習しましょう。

 

自信が無かったり、不安が多いと、緊張して声が震えたり、目線がキョロキョロしてしまいます。

 

これも、練習すれば慣れてきますから、受け答えの時はしっかり目を見て行いましょう。

 

やってもらえればわかりますが、目を直接見ると両者とも目をそらしたくなります。

 

ここでアドバイスですが、これを知っていると知っていないでは自分も苦しくないし、面接官から見た印象がかなり違うと思います。

 

気をつけることは、相手の鼻を見て話すという事です。

 

きっと目線もキープでき、相手からみても、目を見ているように見え堂々と話しているように見えます。

 

面接が不安な人や更に自信をつけたい人は面接対策のある予備校を利用するのも選択肢の一つです。

 

関連ページ

消防士の面接試験ってどんな内容?
消防士の面接試験の質問の内容は?しっかり色々な質問に対応出来る対策や準備!

各予備校の概要 予備校無料資料請求