消防士と警察官は同じ予備校で目指せる?

消防士と警察官は同時に目指せる?

消防士と警察官の試験の併願(同時進行で両方受けていく)は可能なのでしょうか?

 

実際に、予備校に通いながら消防士と警察官の両方の試験で合格したという意見も多く聞きます!

 

消防が第一志望で警察官を滑り止めにする方もいれば、警察官を第一志望で消防を滑り止めにする方もいます。

 

試験の練習と割り切って試験に慣れるために受験される方もおり、理由はバラバラです。

 

しかし、どうせ目指すならどちらか自分の第一志望に合格して本当に一番やりたい職種で一生働いてほしいと思います!

 

警察と消防で言うと給料では警察官の方が高めです!

 

同じ現場で顔を合わす事は多い職種ですが、仕事内容はかなり異なります!

 

学科の試験内容はほぼ同じですので警察官、消防士合格講座といった感じでカリキュラムを合わせている予備校や通信講座もあれば、別々のコースで案内している予備校もあります!

 

試験内容が似ているために、受験されるともう一方の試験の練習にもなるでしょう!

 

なお、警察官になるための予備校・専門学校と消防士になるための予備校・専門学校はほぼ同じですので、警察官の受験も視野に入れている方や、警察官の仕事にも興味のある方は確認しておきましょう!

 

同じ公務員でも教員志望の方は予備校の種類や受講スタイルが変わってきますので教員になるための予備校や通信講座をご覧ください!

 

 

関連ページ

消防士試験は年齢制限に注意!
消防士試験には年齢制限があります。何歳まで受けれるのか?年齢の上限をしっかり確認し計画的に勉強を進めていきましょう。
消防士試験の区分
消防士試験には区分があり、上級(大卒程度)、初級(高卒程度)になります。 区分に応じての勉強量や内容は・・・
消防士試験合格に必要な勉強時間は?
消防士試験に合格するため勉強時間はどれくらい必要なのか?上級や初級の違いでどれ位かわるのか。予備校に行くべきか独学で出来るのかの基準にしてみよう!
消防士試験の科目ごとの出題数。その傾向と対策は?
消防士の採用試験では科目ごとに出題数は?傾向を知る事を一番先にするべきです。独学で勉強する方は特に的を絞った学習をするために把すべし!
消防士試験の勉強のコツやポイントは?独学は必見!
消防士試験はとても範囲が広いコツをつかみ少しでも効率よく勉強するために事。時間がない方や、特に働きながら独学で勉強されるかたの対策は?
消防士採用試験(一次学科試験)の時期はいつ?
消防士試験の学科試験の時期はいつ?
消防士学科試験の内容は?
消防士試験の学科試験の科目や内容についてはこちら

各予備校の概要 予備校無料資料請求