消防士体力試験対策

消防士 体力試験

消防士体力試験記事一覧

消防士体力試験で合格、不合格は決まる?

消防士試験の体力試験(体力テスト)ってどれくらいできればいいの?このウエイトや合格の基準は非常に気になるところです。ちなみに体力試験では腕立て、腹筋、懸垂、シャトルラン、300m走1500m走、握力などがあります。消防士の仕事には、救急や予防業務などもありますので、全てにおいて強靭な体力が必要になる...

≫続きを読む

消防士体力試験の内容と対策

消防士の体力試験の内容と対策をあげて行きたいと思います。まず、懸垂や腕立て、1500m走など自分の自重を動かしていく内容が多い事に注目します。反復横とびやシャトルランでも同じですが、重たいバーベルを持ち上げる様な筋肉ではない事が分かります。ポイントは身軽な方が有利な種目が多いことです。対策としては、...

≫続きを読む

消防士体力試験対策の運動と栄養

ここでは,消防士試験の体力試験で良い点を取る為にやるべき運動や栄養の管理について説明します。まず,運動について。ここはがむしゃらに頑張るより目指すべきところを明確にして進めていきます。ここで消防士になる為の体力試験の対策という事にもう一度焦点を当ててみましょう。「ベンチプレス100キロ余裕で出来ます...

≫続きを読む

消防士試験でも入ってからでも懸垂は大切

消防試験においても入ってからの訓練においても懸垂の力は大切です。懸垂と一言にいっても腹筋や握力、腕や背中にも筋肉がつきます。レスシュー隊がロープを登ったり、渡ったりするとき。消防士の仕事で救助現場や救急現場で重たい患者を搬送する時も、握力や体幹の筋肉が必要です。懸垂は普段からやり慣れていないケースが...

≫続きを読む


各予備校の概要 予備校無料資料請求