消防士の給料や年収は?

消防士の給料や年収はどのくらい?

消防士,給料,年収

消防士は特殊な手当がつく兼ね合いもあって一般の地方公務員などより公安職である消防士は年収が高い傾向にあります。
同じ公安職では警察などもありますが、警察官の方が給料や年収が高いようです。

 

勤務先の市町村によって異なりますが30代で年収は約600万、40代で700万位でしょう、50代では800万円以上になると思われます。

 

あとは出動による手当の違いなどでかなり変わってくると思われます。

 

例えば救急救命士の資格を持ち救命士救急出動し、手当がついたり、つかなかったりなどで大きな差が生まれるケースもあるそうです。

 

高卒と大卒では基本給や昇給、昇任に違いがでてくるようです。

 

やはり大卒の方が優遇されているところが多いです。

 

公務員ですので時間外手当やボーナス(賞与)、退職金などはしっかししています。

 

民間と違い基本給も確実に増えていきます。

 

安定はありますが消防士で1000万を越えるのは難しいでしょう。

 

危険がつきものな職でもありますから、出動で怪我をしたり、死亡してしまった場合などの補償制度もかなりあります。

 

勤務は24時間の勤務が多いので、まとめて働くからこそ非番日や週休日で家にいれる時間が多く家族との時間は持ちやすい反面、出動などで急な残業があったり、大きな災害で休みの日に召集があったりもあるようです。

 

もちろん仮眠もとれない場合もあります。

 

危険を伴う仕事でもありますし、家族の不安も多い中で、給料が多いと思われるか、少ないと思われるかは人それぞれですが、やはりやりがい、適性を考慮した上で目指す職でしょう!

 

基本的に消防士は困った人のいるところへ助けに行く仕事であり感謝される仕事でもあり、その分責任も大きな仕事です!

 

とても格好良くみえる消防士は、子供達にとってはヒーローのような存在でもあるようです! 

 


関連ページ

消防士ってすごくやりがいのある仕事
消防士のやりがいは?実際どんなことにやりがいを感じ就職、転職されるのでしょうか?
消防士になるために持っていたら有利な資格って?
消防士はどんな資格を使うのだろうか?実務や現場で必要とされる資格とは?
消防士は休みが多い?勤務体系について
消防士の休みはどのくらい?勤務体系は気になるところです。家族との時間を大切にしたい人。忙しすぎて旅行にも行けない方等には羨ましいと思います。有給休暇や福利厚生もしています。
消防士はすごくやりがいのある仕事!
やりがいのある仕事をお探しの方には消防士の仕事はおすすめです!消防士は大切な命や財産を守りす!
レスキュー隊(救助隊)になるには?
消防士を目指す方の多くが目指すレスキュー隊員になるにはどのような条件が必要?
消防学校ってどんなところ?
消防学校は新人消防士が最初に通る道です!ここではどんな訓練が行われるのか?
消防士は家族と過ごす時間も多い?
消防士は24時間勤務があるのも特徴!そのため、まとまった休みが多いのは魅力です。家族との時間を大切にしたい人、趣味に時間をかけたい人にも人気です。

各予備校の概要 予備校無料資料請求