働いていて予備校に行けない?消防士に転職したい方必見!

働いていて予備校に行けない?

働きながら受験する人はとても多いのが現状です。

 

一般企業に就職したが、自分の思い描いていたイメージとのギャップに耐えれず、転職を目指す形になる方はとても多いです。

 

勤務時間、サービス残業、やりがい等いろいろな理由がありますが、こういったことがしっかりしているのが公務員に魅力を感じるものです。

 

働いている人は予備校に行けないか?ということになると会社の勤務時間などによります。

 

いつも5時ぴったりで帰れます。という方は夜間講座を開講している予備校が通える範囲内にあれば可能です。

 

いつも遅くまで会社から帰れない。という方は帰ってから自分のペースで学習をコツコツ進めていく通信タイプ等で受講が可能です。

 

おそらく後に述べた通信タイプに当てはまる方が多いと思います。

 

働いている方は勉強時間があまりとれないのが一番のネックですから効率良く濃い学習をする必要があります。

 

したがって、予備校をしっかり活用し無駄のない学習を進めていくと良いです。

 

 

 

予備校の通信講座を検討する

関連ページ

消防士予備校選びの基準は?
消防士の予備校の選び方を3ステップで説明!自分に必要な事を把握し、より後悔しない予備校選びを!
通信講座や予備校の資料請求(消防士採用試験)
消防士採用試験の予備校や通信講座をまとめて紹介。まずはこれらの予備校に資料請求してみましょう!
自分に何が足りないか明確にし予備校を選ぼう!
消防士の予備校選びは自分のに何が足りないのかを明確にすることによって見えてくる!
予備校(消防士試験対策)のメリット、デメリット
消防士を目指すが予備校に入るメリット、デメリットとは・・・?
予備校と独学の違いって?何回受けても落ちる人は予備校がおすすめ
消防士を予備校に通い目指すか、独学で目指すかの違いは?迷っている方はぜひ参考に。
予備校(消防士試験)に入る時期はいつ?
消防士の予備校はいつから入ればいいんだろう?各予備校での違いや入校時期は?
予備校にかかる料金(消防士、初級、上級など)
消防士を目指す方へ予備校に通う際にかかる料金について紹介。
予備校利用者の合格体験談
消防士試験の予備校に通った方の体験談です。予備校を利用して良かったこと、悪かったことなどの思いをお聞きしました。
予備校の料金はかけるべき!
予備校であまりお金をかけたくない、出来るだけ安くしていって考えはどうでしょうか?一生を左右するチャンスをものにするためにしっかり考えよう!

各予備校の概要 予備校無料資料請求