予備校(消防士試験対策)のメリット、デメリット

予備校(消防士試験対策)のメリット、デメリット

消防士の合格を目指す人に限らず、公務員人気でどうしても公務員になりたい人が合格を勝ち取るために予備校に通っています。

 

そして、消防士は受験に年齢制限等もありますからゆっくり独学でそのうちってことにもなかならないという事も背景にあります。

 

消防士予備校を詳しく見る

 

予備校に通うメリット! 

 

  • 効率よく教えてもらえる。
  •  

  • 効率の良い解き方。
  •  

  • ゴロでの覚え方など裏技的な学習法。
  •  

  • 出題の傾向などのデータが豊富でそれに合った範囲を重点に学習出来る。
  •  

  • 自分でやるより、記憶に残りやすい。
  •  

  • 目標を共にする仲間がいるので勉強する意識が高まる。
  •  

  • モチベーションの維持が期待できる。
  •  

  • 面接対策、論文対策、模擬試験なども充実している。

 

予備校に通うデメリット

 

  • 費用や移動時間かかる。
  •  

  • 自分ではもうやる必要のない(自信がある)範囲の講義もある。

 

などです。

 

結果的には、予備校の講師は受講料に見合った講義をします。

 

予備校も競争ですから合格者を沢山出し、評判を良くする為に、常に良い学習環境を提供してくれるはずです。

 

よって、受験者合格の為に一緒に頑張ってサポートしてくれるものです。

 

以上を踏まえて考えると、合格をする為に一番効率良いのは文句なしで予備校に通う事だと思います。

 

勉強の量も質も上げれるのですから消防士になるために大きな後押しをしてくれる事でしょう。

 

おすすめの予備校は?

関連ページ

消防士予備校選びの基準は?
消防士の予備校の選び方を3ステップで説明!自分に必要な事を把握し、より後悔しない予備校選びを!
通信講座や予備校の資料請求(消防士採用試験)
消防士採用試験の予備校や通信講座をまとめて紹介。まずはこれらの予備校に資料請求してみましょう!
自分に何が足りないか明確にし予備校を選ぼう!
消防士の予備校選びは自分のに何が足りないのかを明確にすることによって見えてくる!
予備校と独学の違いって?何回受けても落ちる人は予備校がおすすめ
消防士を予備校に通い目指すか、独学で目指すかの違いは?迷っている方はぜひ参考に。
予備校(消防士試験)に入る時期はいつ?
消防士の予備校はいつから入ればいいんだろう?各予備校での違いや入校時期は?
予備校にかかる料金(消防士、初級、上級など)
消防士を目指す方へ予備校に通う際にかかる料金について紹介。
予備校に通えない方は?消防士に転職したい方必見!
予備校に通えない方で通学組と対等に勝負するためのおすすめは通信講座!
予備校利用者の合格体験談
消防士試験の予備校に通った方の体験談です。予備校を利用して良かったこと、悪かったことなどの思いをお聞きしました。
予備校の料金はかけるべき!
予備校であまりお金をかけたくない、出来るだけ安くしていって考えはどうでしょうか?一生を左右するチャンスをものにするためにしっかり考えよう!

各予備校の概要 予備校無料資料請求